【天皇メッセージ】宮内庁長官が異例の会見「天皇陛下は五輪開催による感染拡大に懸念」

天皇陛下 五輪開催による感染拡大に懸念

 

東京五輪の名誉総裁でもある天皇陛下が動きました。

憲法による制約で天皇陛下は直接政治に影響を与えるような活動は一切できません。
ですが、このまま東京五輪を開催し新型コロナ感染者が急増するようなことになれば、天皇の威信や信頼が揺らぐという強い危機感があるのでしょう。

このあたりの見えない事情を、安冨歩東大教授が解説しています。

 

宮内庁の西村長官は定例会見で「天皇陛下がオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないかご懸念されている」と述べました。

西村長官はきょう午後の定例会見で、「天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変ご心配されておられます」「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないか、ご懸念されている、心配であると拝察いたします」と述べました…

 

情報源: 「天皇陛下 五輪開催による感染拡大に懸念と拝察」宮内庁長官(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA