【内閣支持率】不支持率44.3% 新型コロナ2ヵ月で政府対応への評価急落

FNN内閣支持率 202004

 

安倍政権の内閣支持率は4割を切り、不支持が44.3%と2月に続いて支持を大幅に上回りました。

有権者の補償に関する怒りが現れた結果です。
他の主要国と比較して、補償が不十分で外出自粛したくてもできない様子も伺われます。
このままでは、人との接触を8割減らす目標が達成できず、新型コロナ収束に時間がかかることになりそうです。

やはり、企業活動や交通機関をストップしないと接触8割削減はできないでしょう。
政府には、さらなる対策と補償の強化が求められています。

 

新型コロナウイルスに関する国民意識に変化が

FNNは4月11・12日の両日、全国の有権者を対象に電話世論調査(固定電話+携帯電話・RDD方式)を実施し、男女1050人から回答を得た。調査では新型コロナウイルスをめぐる意識や、政府の対応への評価などを尋ねたが、前月、前々月の結果と比較すると、この2ヵ月間での国民心理の変わりよう、そして政府の対応への評価の急落ぶりが浮き彫りになった…

 

情報源: 新型コロナ2ヵ月で政府対応への評価急落 FNN世論調査分析

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA