【グローバリズム】これで解った!ロスチャイルド、ロックフェラーの系譜

これで解った!ロスチャイルド、ディープステートの系譜

 

新経世済民新聞の三橋貴明氏が、興味深い動画を公開しています。
ゲストに林千勝氏を迎えて、米国の国際金融資本家の歴史と系譜を解説しています。

この分野は、SNS等で様々な情報が氾濫して何が事実なのかがまったく解らない、陰謀論と敬遠される状態です。

そんな現状をロスチャイルド系(国際金融資本)、ロックフェラー系(石油軍事金融勢力、ディープステート)と分けて解りやすく整理することに挑戦しています。

内容が内容だけに、完全に整理された解説とまでは言いませんが、大まかには整理されていると思います。

新経世済民新聞 国際金融資本系譜イメージ

例えば、

  • トランプ大統領はディープステートと敵対しているが、ロスチャイルド系金融資本の支援を受けている
  • 両勢力共にグローバリストであり、それぞれ一枚岩ではない
  • 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ博士は、トランプ在任中に何らかのパンデミックが発生すると発言(2017年1月20日ジョージタウン大学のスピーチ
  • 米国の戦後に出た大統領はロックフェラー系統
  • 米国金融界は、20世紀前半にロスチャイルド系とロックフェラー系に乗っ取られてしまった
  • 米国のグローバリストたちは、ジャパンハンドラーズを使って日本をコントロールしている
  • パソナ会長の竹中平蔵や元ゴールドマン・サックスのデービッド・アトキンソンはその先兵
  • ディープステートは中国建国を支援した
  • ロスチャイルドはソ連建国を支援した
  • etc…

このように、世界はグローバリストたちの強い影響下にあることは事実なのでしょう。
そんな世界をナショナリストたちが救う日は来るのでしょうか?

 

【ダイジェスト】アメリカ大統領選挙を側で操るロスチャイルド家とゴールドマンサックス(三橋貴明×林千勝)

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA