【現代貨幣理論】自民党安藤裕議員が国会で政府の緊縮財政を正す

衆議院 2019年10月23日 内閣委員会 安藤裕
衆議院 2019年10月23日 内閣委員会 安藤裕議員の質疑

 

安藤裕議員は、与党自民党の中で「現代貨幣理論」を理解している唯一の議員と言ってよいでしょう。

そんな安藤議員が、10月23日の内閣委員会で「政府の負債は民間の資産」という現代貨幣理論を根拠に、政府の緊縮財政を正す質疑を行っていたので紹介します。

この論点は、とても重要です。
政府は、直ぐにでも国債を増発して財政出動ができるのです。

国土強靭化、教育、介護、就職氷河期世代の救済など、財源が必要な分野は山ほどあります。

政府は、一刻も早く異次元の財政出動をすべきなのです。

この情報を一般有権者の方々に拡散してください。

 

衆議院 2019年10月23日 内閣委員会 #02 安藤裕(自由民主党・無所属の会)

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA