米国務省、台湾向け新型F16戦闘機の売却を承認

 

[ワシントン 20日 ロイター] – 米国務省は、台湾に新型のF16戦闘機を売却することを承認した。売却額は80億ドルになる可能性がある。国防総省傘下の国防安全保障協力局が20日、議会に正式に通知した…

 

さて、中国の対抗措置がどのようなものになるか見物ですね。

 

情報源: 米国務省、台湾向け新型F16戦闘機の売却を承認 – ロイター

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA