【内閣支持率】菅内閣「不支持」46%、「支持」33% 落選運動の気配も

内閣支持率20210712 NHK世論調査

 

菅内閣支持者が先月よりも4ポイント下落し、内閣発足以降最低となりました。
世論は、後手後手の新型コロナ対策や五輪開催に不満を持っているようです。

さらに、先日の「西村大臣による酒類を提供する飲食店への超法規的脅し」が支持率に影響している印象です。

西村大臣発言への批判はTwitterでトレンド入りし、次期衆院選で「自公維議員の落選運動」に発展する気配も出ています。

飲食店の怒りのポスター 自公以外に投票

 

NHKの世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、先月より4ポイント下がって33%と、去年9月の発足以降最も低くなりました。一方、「支持しない」と答えた人は、1ポイント上がって46%で、発足以降最も高くなりました。

NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは、2090人で、59%にあたる1224人から回答を得ました。

菅内閣を「支持する」と答えた人は先月より4ポイント下がって33%と、去年9月の発足以降、最も低くなりました。

一方、「支持しない」と答えた人は、1ポイント上がって46%で、発足以降、最も高くなりました…

 

情報源: 菅内閣 「支持」33% 内閣発足以降最も低く 「不支持」は46% | 選挙 | NHKニュース

 

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA