【米中対立】米国務長官、中国政府のウイグル族らへの行為を「ジェノサイド」認定

米国務長官中国政府のウイグル族への行為をジェノサイド認定

 

国際社会は、中国政府に対して厳しい態度で臨むべきです。
自国の民族をターゲットに「ジェノサイド(民族浄化)」を行うなど絶対にあってはならないことです。

この件に関して、日本政府も何らかの行動を取ることを強く望みます。

 

アメリカのポンペイオ国務長官は、中国政府が新疆ウイグル自治区でウイグル族ら少数民族に対して、強制的な収容を大規模に行っているなどと指摘し、民族などの集団に破壊する意図を持って危害を加えるいわゆる「ジェノサイド」と認定したと発表しました…

 

情報源: 米国務長官 “中国政府 ウイグル族らへ「ジェノサイド」” | 米中対立 | NHKニュース

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA