【量子コンピューター】Googleが1万年かかる計算問題を3分20秒で解き終える

Googleの量子コンピュータプロセッサ Sycamore
Googleの量子コンピュータプロセッサ Sycamore 写真=GIGAZINE

 

遂に量子コンピュータ時代の到来です。
科学技術の発展はよいニュースですが、現行の暗号化技術への脅威になる反面もありますね。

 

Googleが、「世界最速のスーパーコンピューターでも1万年かかる計算問題を3分20秒で解くことができる量子コンピューター」を開発したと発表しました。

量子コンピューターは、従来型のコンピューターが情報を処理する単位である「ビット」に代わって、「量子ビット」を使って情報を処理します。ビットは「0」か「1」のどちらかの値を取るもので、従来型のコンピューター内部では、全ての情報はビットの連続として処理されています。これに対して、量子ビットは「0」または「1」ではなく、「同時に『0』にも『1』にもなる」という量子力学的な重ね合わせを…

 

情報源: Googleが1万年かかる計算問題を3分20秒で解き終える量子コンピューターを完成させる – GIGAZINE

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA