【東京野菜】朝採れ野菜をその日のうちに食卓へ

 

東京都内の農業と言いますと、西部多摩地区付近の市部の部分をイメージされる方も多いかと思いますが、都内23区内やその他の地域も野菜の生産が行われています。
東京都が他県にない特徴として多様な栽培地域が挙げられます。
都内23区~多摩地域などのいわゆる東京のメインの生産地域は南の温暖な気候に育つ野菜の北限として、北の寒い地域で育つ果物等の南限としても位置しており、幅広い野菜の生産が可能です…

 

地域によっては、朝採れ野菜をその日のうちに食卓や飲食店へ。
紀ノ国屋、三浦屋、いなげやなどの契約店舗でも販売。

地産地消、「近い」っていいですよね。

仕入れバイヤーさん、参加農家さんも募集中!

 

情報源: 東京野菜|東京野菜普及協会

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA