3月末まで東京は「段階的緩和期間」 リバウンド警戒で時短継続

 

 3県に新型コロナウイルス対策で出されていた緊急事態宣言が18日、約2カ月半ぶりに解除されることになった。東京都は同日夜に対策本部会議を開き、宣言解除後は今月31日までを「段階的緩和期間」として、不要不急の外出自粛要請や飲食店への営業時間短縮要請を継続することを決定。感染再拡大(リバウンド)を警戒しながら、対策を進める。【古関俊樹、竹内麻子】…

 

情報源: 3月末まで東京は「段階的緩和期間」 リバウンド警戒で時短継続 | 毎日新聞

AD

関連コンテンツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA